« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月 3日 (火)

夫がいないとテレビも見ない

静かな連休。 夕方から風が強くなり始めて

うちの中でも足元がすうすう寒くなってきたので窓を閉めた。

今日は日中、スーパーへ買い出しに行っただけで外出は終わり。

いつもは買い溜めをしない私だけど、今日は3日分の食料を買う。

あしたは天気が荒れるとの予報だから外へ出ないで済むように、、

翌々日は夕方まで仕事で混んでるスーパー寄るのが面倒くさいから。

あさってまで息子とふたりの生活で欲張って余ってももしょうがないけど

魚をもっと食べさせたくて、切り身のお魚を数種類買ってみた。

大好物のアスパラ(高い)なんかも、スパゲッティ作るときに入れてあげようと思って。

冷蔵庫には昨日つくった肉じゃがも残っている。

息子は肉よりも、ジャガイモと白滝が好きで、

わたしが白滝抜きで作ると箸が進まなかったりする。

まったくこういうわけのわからないこだわりは捨てて欲しいものだ。

息子が大きくなって、わたしと夫だけの生活になったら

毎日納豆とか明太子とかで暮らせそうなのに、子どもがいるとそうはいかない。

自然食とか食育ブームだけどさぁ、何十品目って用意したら破産するっていうの。

もうそんなのほどほどで勘弁してほしい。

そんなこんなで、お菓子なんかも含めて4千円、やっぱりちょっと買いすぎた。

息子は今日もジャイアントコーンを食べながらごろごろ。

今日はユーチューブを見る日だという。

わたしは家事をすませて、フランス語の試験勉強。

聞き取りの問題が苦手で数問チャレンジするとぐったり疲れてしまう。

こんなんで大丈夫なんだろうか・・ と正直不安にもなるのだけど。

勉強する時間があるだけ幸せだものな。

日が暮れて、自分がいる居間の机の上の電気だけがついている。

テレビはさっきテレビ欄をざっと見たけど見たい番組はなく、

自分一人の生活だったら無くてもいいかもな、なんて思ったりする。

夫がすぐテレビをつけるひとだから仕方ないけど。

最近テレビ見るのも体力がいる。 

流行っている人の名前なんかもうわかんないもんね。

夫がいないと部屋が静かで、その分読書が捗る。

昨日は斉藤環の「負けた教の信者たち」 という文庫を読んだ。

医者の書いた引きこもりにかんする分析だけど、まあ読みやすかった。

今は佐藤優と竹内久美子の対談集、「佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?」

を読んでいる最中。神学者と生物学者の対談で真剣な内容なんだけど笑える。

聖書に詳しかったらもっと楽しめるのだろうな。

さてさて、これからもうちょっとフランス語の悪あがきをして

それから炊事。 サラダと味噌汁をつくって、鮭の西京焼きを焼こう。

おつまみは、アボカドと鮭のルイベを和えたもの(簡単だし感動の旨さ)

ワイン飲みながら夜は読書。

家族いるからちょこちょこ働くけど、わたしなんか独り身だったらほんと、

おっさんみたいな人生だったと思う。 吉田類の酒場放浪記じゃないけど、

すごく肯定的に、それでいいと思うし。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック